協議離婚とその他4つの離婚方式④ 長野を中心に 素行調査お待ちいたします。

query_builder 2021/06/14
ブログ
bizzgirl20160902081917_TP_V4

離婚協議書と離婚公正証書の違い



離婚協議書と離婚公正証書は両方とも、離婚時または離婚後にどのような金銭を支払ったり受け取ったりするのか、親権を夫婦のどちらが持つのか等の、離婚した夫婦が離婚後に守るべき事項を記載した「契約書」であるということについては違いがありません。


大きな違いは効力にあります。


離婚協議書とは、離婚時に夫婦で話し合った取り決めを、離婚後に言った言わないの水かけ論防止のため、書面に残し、お互いにその取り決め(契約)を夫婦双方がお互いに守り、守らせる書面になります。


こちらは、夫婦のみで作成することができる私文書となります。


一方で、公正証書は公文書となり、国や地方公共団体の機関または公務員が、その職務上作成する文書のことで、その証明力と効力は非常に強いものです。


効力については、「公正証書作成のポイント」にある通りです。


公正証書作成には、離婚協議書に比べ費用と時間がかかりますが安心感があります。


可能であれば、公正証書で記録として残しておくことをお勧めします。

NEW

  • 離婚届の不受理申出とは?② 須坂 素行調査

    query_builder 2021/07/23
  • 離婚届の不受理申出とは?① 須坂 不倫調査

    query_builder 2021/07/21
  • 弁護士の料金相場と選び方は?⑨ 婚前調査 上田市

    query_builder 2021/07/19
  • 弁護士の料金相場と選び方は?⑧ 素行調査 上田市

    query_builder 2021/07/17
  • 弁護士の料金相場と選び方は?⑦ 素行調査 上田市

    query_builder 2021/07/15

CATEGORY

ARCHIVE