DVの対策と離婚事由⑤  飯山 素行調査

query_builder 2021/08/09
ブログ
N811_goannaisimasu_TP_V4

加害者が違反した場合の刑罰


保護命令の申立書が地方裁判所に出されると、口頭弁論か加害者を呼び出して意見を聞く審尋が行われます。


口頭弁論とは裁判官の面前で口頭によって当事者、またはその代理人が行う弁論のことで、審尋とは、裁判所が訴訟当事者や訴訟関係人に、陳述の機会を与えることです。


この手続きを経なければ、裁判所は保護命令を発することはできません。


ただし、緊急性があるなど、時間が経つことによって保護命令申立の目的を達することができない場合は別です。


保護命令は期日における言い渡しか、決定書の郵送によって効力を生じます。


加害者は高等裁判所に即時坑告(不服を申し立てること)ができますが、即時坑告をした場合も、保護命令には効力があります。


裁判所から保護命令が発令された場合、加害者がこれに違反すると、1年以下の懲役か100万円以下の罰金刑が与えられます。 裁判所から出される保護命令は、以下の通りです。


シークレットジャパン長野 飯山 素行調査

NEW

  • モラルハラスメントとは?⑤  松本  婚前調査 料金

    query_builder 2021/10/20
  • モラルハラスメントとは?④  松本 素行調査 婚前調査

    query_builder 2021/10/17
  • モラルハラスメントとは?③  松本 素行調査 婚前調査

    query_builder 2021/10/14
  • モラルハラスメントとは?②   松本 浮気調査 不倫調査

    query_builder 2021/10/11
  • モラルハラスメントとは?①   松本 浮気調査 不倫調査

    query_builder 2021/10/08

CATEGORY

ARCHIVE